スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aゴンザレスがリーグトップ独走の21号 

 MLB2009。6月。

 サンディエゴ・パドレスのエイドリアン・ゴンザレスが、早くも21号本塁打を放った。本塁打のリーグトップを独走。そして、かなりのいいペース。3試合連続の本塁打。

 同じく、チームメイトの主軸を打つ、スコット・ヘアーストンも3試合連続の8号本塁打。打率も.331と高い。

 パドレスは、投手力のチームというイメージが強い。ジェイク・ピービー、クリス・ヤングを中心としたチーム。過去にも、トレバー・ホフマンというMLBセーブ記録を持つクローザーも在籍していた。ホフマンは、今季、他のチームに移籍。

 ゴンザレスが、本塁打をどこまで伸ばすか、期待してしまう。2008年に36本塁打、2007年が30本塁打と、パワーは実績済み。最低でも、40本塁打は期待したい。

 パドレスで、シーズン40本塁打以上となると、2001年、フィル・ネビンの41本塁打以来。チーム記録の50本塁打も期待したい。

 チームは、ロサンゼルス・ドジャースに離されているが、まだ,111試合も残っている。今後に期待。

 パドレス情報
 ==> ホフマン史上初の500セーブ

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/310-b95d7ee0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。