スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mバーリー歴代17度目完全試合_歴代では 

 MLB2009、7月23日。

 シカゴ・ホワイトソックスのマーク・バーリーがパーフェクトゲームを達成。歴代17人目で17度目の達成。
 ポストシーズンを含めると、ワールドシリーズで1度あり、18人目18度目。

 9回のデワイン・ワイズのスーパーキャッチにも助けられたが、バーリーの投球内容は最高だった。チームで勝ち取ったパーフェクトゲームと、バーリー本人も思っているのでは。
 
 パーフェクトゲーム事態は、珍しい稀な記録。2000年以降では、2004年のランディー・ジョンソン以来。しかし、1990年代に4度達成している。これは、チームのエキスパンションの影響か。どうだろうか。

 しかし、これほど、興奮する記録もないのではないだろうか。それくらい、難しい記録。守っている野手は、緊張したのでは。

 パーフェクトゲームを含むノーヒットゲームの球団別達成数では、ロサンゼルス・ドジャーズの20回、ボストン・レッドソックスの18回、ホワイトソックスは17回で3位。

 18度目となっているが、過去には、他に2例が公認されていたが。(資料にもよるのだろうが。)
 1922年、アーネスト・ショーは、先発ピッチャーが先頭打者を四球で出したあと、登板し、このランナーも刺して、その後26人すべて抑えた試合。
 1959年、ハービー・ハデックスが、12回をパーフェクトに抑えたが、13回に打たれて負けた試合。
 完全に1人の投手で、試合を最後まで抑えないといけないのだろう。

 ノーヒット関連

 ==> ノーヒッター、バーランダー

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/326-11f378f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。