スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009DSプレイオフ_Aロッドが復調 

 2009年、10月9日。

 MLB2009は、DSプレイオフを迎えた。

 アリーグが、ニューヨーク・ヤンキースがミネソタ・ツインズに2勝、ロサンゼルス・エンゼルスもボストン・レッドソックスに2勝。
 ナリーグが、フィラデルフィア・フィリーズとコロラド・ロッキーズは1勝1敗。ロサンゼルス・ドジャーズはセントルイス・カージナルスに2勝。

 ヤンキースは、デレク・ジーターの大活躍が目立つ。そして、アレックス・ロドリゲスが、ポストシーズンで大活躍。今季は、打率.500、1本塁打5打点。今までのポストシーズンでは、全く打てなかった、今季は違う。ワールドシリーズ制覇にチームもスパートか。

 ツインズは、主砲で4番のジャスティン・モアノーの欠場が大きい。モアノーがいなくても終盤は勝ち進んだが、やはり、パワーヒッターの欠場は大きい。

 カージナルスは、クリス・カーペンター、アダム・ウェインライトの絶対的な2大エースで連敗、しかも、逆転負けしたのは、苦しい展開。1勝すれば、残りは、カーペンター、ウェインライトの再登板も期待できそうな気がするが。

 エンゼルスは、投手陣が好調。このまま、リーグ決定戦まで進めるか。戦力は、十分揃っている。

 フィリーズの連覇も期待したいところ。パワー炸裂の打撃がみれるか。意外にいい投手陣みえる。今後にも、期待。

 他のチームも、戦力は充実。自分達の野球をすれば、充分勝てそうな気がする。


 昨季ポストシーズン関連

 ==> 2008リーグチャンピオンシップ

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/347-0cf03ae3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。