スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009WSはヤンキース対フィリーズ_2度目の対決 

 2009年、10月。

 MLB2009のワールドシリーズは、ニューヨーク・ヤンキース対フィラデルフィア・フィリーズの対決となった。

 リーグ決定戦6戦、ヤンキースは、ロサンゼルス・エンゼルスに逆転勝ち。デレク・ジーター、アレックス・ロドリゲス、ジョニー・デーモンなどが活躍。四球でも出塁する、そんな気迫が見れる。
 アンディ・ペティットが勝ち投手となり、ポストシーズン通算16勝となり、アトランタ・ブレーブス黄金時代のジョン・スモルツの15勝を抜いてMLB新記録となった。
 
 この両チームの対決は2度目。1950年に、ヤンキースが4勝でストレート勝ちしている。当時は、ヤンキースは、打撃は、リーグMVPのフィル・リズドー、ヨギ・ベラ、ジョー・ディマジオなど、投手はビック・ラーシー、エド・ロパットなど。フィリーズは、打撃はリッチ・アッシュバーン、リーグ打点王のデル・エニス、投手は、リーグMVPのジム・コンスタンテイ、ロビンロパーツなど。
 このシリーズは、接戦で3試合が1点差のゲーム。しかし、ヤンキースが4試合すべて勝っている。

 今季は、ライアン・ハワードもアレックス・ロドリゲスも、ポストシーズンでは、チャンスにヒットを打ち、絶好調。ワールドシリーズでの、両者の打ち合いを期待したいところ。

 最近のワールドシリーズは、4勝、または、4勝1敗が多く、あまり接戦になったシリーズはない。今季は、接戦を期待したいところ。

 両チームともに、同じようなチーム。予想もつかない…。

 昨年のワールドシリーズ関連

 ==> フィリーズ_ワールドシリーズ2度目の制覇

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/351-4a094df0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。