スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSフィリーズ先勝_リーとアットリーが大活躍 

 2009年、10月…。

 MLB2009のワールドシリーズ第1戦は、フィラデルフィア・フィリーズがニューヨーク・ヤンキースに6対1で勝利。クリフ・リーの好投、チェイス・アットリーの2本塁打の活躍、フィリーズが連覇へ幸先よいスタート。

 クリフ・リーが、ワールドシリーズ初登板で完投勝利。9回10奪三振、1失点、自責点0。速球と変化球の絶妙なコントロールで、ヤンキース打線を封じた。ゲームを作ったのは、リーであり、このゲームの最高の貢献者。
 リーは、10奪三振以上、無四球、自責点0は、ワールドシリーズ史上初の快挙。ポストシーズン3試合以上先発した投手の通算防御率は、史上1位となる快挙。

 アットリーは、2打席連続アーチ。先制弾で、ヤンキースのエース、C・C・サバシアを最初に攻略し、チームのムードをあげた。
 左打者のアットリーは、左腕のサバシアから2本塁打。ワールドシリーズで、1試合で、1人の左腕投手から2本塁打した左の打者は、ワールドシリーズ史上2人の快挙。1928年に、ベーブ・ルースが達成して以来の快挙。

 先発のリーもサバシアも、2年前は、クリーブランド・インディアンズで同僚としてレギュラーシーズン、ポストシーズンで活躍。それに、2人とも過去にサイヤンク賞を受賞している。すごい、めぐり合わせ。

 ヤンキースは、今季のポストシーズン、本拠地で初めての負け。デレク・ジーター、アレックス・ロドリゲスが打たないと、ムードが上がらないのかも。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/352-8b9356c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。