スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WS_アットリーがシリーズ5本塁打の快記録 

 2009年、11月。

 MLB2009のワールドシリーズ第5戦は、フィラデルフィア・フィリーズがニューヨーク・ヤンキースに勝利。チェイス・アットリーの2本塁打と活躍。このシリーズ5本塁打で、あのレジー・ジャクソンのシリーズ5本塁打に並んだ。これで、アットリーは、新しいミスターオクトーバーとなりそう。

 アットリーは、これで、ワールドシリーズ通算で10試合で7本塁打となった。まさに、ワールドシリーズ男と言えそうですね。

 シーズンのワールドシリーズでの本塁打数の記録は、以下のようである。
 
 5本塁打 レジー・ジャクソン(1977年)、チェイス・アットリー(2009年)。
 4本塁打 デューク・スナイダー(1952年、1957年)、ベーブ・ルース(1926年)、ルー・ゲーリッグ(1928年)、ハンク・バウアー(1958年)、ジーン・テネス(1972年)、ウイリー・エイキンス(1980年)、バリー・ボンズ(2002年)

 デューク・スナイダーが、4本塁打を2度達成。勝負強い打者といえそう。
 ジーン・テネスは、その翌年から、オークランド・アスレチックスのワールドシリーズ制覇に貢献。レギュラーシーズンでも、長打を連発。

 ウイリー・エイキンスだけが持っていた、1シリーズで1試合2本塁打を2回記録、この記録にも、アットリーは、並んだ。エイキンスは、1980年にカンザスシテー・ロイヤルズで達成、第1戦、第4戦で、各2本塁打。相手は、なんと、フィリーズ。フィリーズは、この年、ワールドシリーズを初制覇。マイク・シュミッド、リリーフ陣の活躍で勝利したシリーズ。
 
 アットリーの6本塁打目も期待、シリーズの行方は。
 フィリーズの6戦の先発は、ペドロ・マルチネス。ヤンキースも打ち崩せるか。打ち崩せたら、ワールソシリーズの制覇が見えてくるかも。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/353-8245efb3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。