スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009ナリーグ_フレッシュな顔ぶれゴールドグラブ賞 

 2009年、11月。

 MLB2009、ナリーグのゴールドグラブ賞が発表された。フレッシュな顔ぶれ。

 投手部門では、18回受賞のグレック・マダックスの引退で、だれが獲得するか注目されたが、今季、リーグ最多勝のセントルイス・カージナルスのアダム・ウェインライトが受賞。もちろん、初受賞。

 日本人選手で期待された、ヒューストン・アストロズの松井稼頭央内野手は選ばれず、二塁手部門は、ロサンゼルス・ドジャーズのオーランド・ハドソンが受賞。ハドソンは、今回選ばれた選手の中では最多の4回目受賞。

 今回、初受賞は、ウェインライトをはじめ、ワシントン・ナショナルズのライアン・ジマーマン三塁手、アストロズのマイケル・ボーン外野手、ドジャーズのマット・ケンプ外野手の4人。

 2回目の受賞選手が3人、3回目の受賞選手が、フィラデルフィア・フィリーズのジミー・ロリンズ遊撃手のみで1人。ロリンズは3年連続の受賞。なんとも、フレッシュな顔ぶれ。

 チーム別では、フィリーズ、ドジャーズ、カージナルスが2名づつ。今季、ポストシーズンに進出したチームは、多いですね。

 ゴールドグラブ賞記事

 イチロー、ハンターが9年連続9度目のゴールドグラブ賞の快挙_マウアーも受賞

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/356-6a22eb56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。