スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009サイヤング賞_グレインキー_リンスカム 

 2009年、11月。

 MLB2009、サイヤング賞が発表された。

 アリーグは、カンザスシティー・ロイヤルズのザック・グレインキーが初受賞。ナリーグは、サンフランシスコ・ジャイアンツのティム・リンスカムが2年連続2度目の受賞。

 グレインキーは、33試合、16勝8敗、防御率2.16、229回1/3イニング、242奪三振。最優秀防御率。投球内容が抜群に良かった、打撃チームならもっと勝ち星が増えただろうと思われている。イニング以上の奪三振。
 最多勝19勝の3人の投手を抑えての受賞。
 16勝での受賞は、アリーグでは、1994年のデビット・コーンの16勝と並んで、先発投手としての歴代最少勝利数タイ記録。1994年は、ストライキで短縮シーズン。

 リンスカムは、32試合、15勝8敗、防御率2.48、225回1/3イニング、261奪三振。奪三振王は2年連続。安定感は抜群。昨季よりは、投球内容は良かったとされている。
 投票では、大接戦。リンスカムが1位票11、計100ポイント。2位はセントルイス・カージナルスのクリス・カーペンターで1位票9、計94ポイント。3位は、カージナルスのアダム・ウエインライトで1位票12、計90ポイント。ウエインライトが1位票を多く獲ったが、リンスカムが2、3位票をうまく獲得した。
 15勝の受賞は、ナリーグでは、先発投手としての歴代最少勝利数記録を更新。1994年のグレック・マダックスの16勝を更新した。連続受賞は、ナリーグでは、サンデー・コーファックス、マダックス、ランデー・ジョンソンが達成している。

 2人の受賞投手には、来季は20勝を期待。

 昨季サイヤング賞記事

 2008サイヤング賞_リンスカムとリー

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/357-7a06e7c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。