スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井秀が移籍したロサンゼルス・エンゼルス 

 2009年、12月。

 松井秀喜選手の移籍先が、ロサンゼルス・エンゼルスに。

 エンゼルスは、今季、地区優勝、チーム打率1位と、打撃は菅らしかった。松井選手の獲得で、よりチームバッティングのできる選手を獲得したことになる。チームにもフィットするだろう。

 オフでは、現在、主力の3人を放出する感じだ。4番DHの主砲ブラディミール・ゲレーロがFAで、チームも獲得する意思がないらしい。先発のジョン・ラッキー、1番打者のショーン・フィギンズも移籍が決定。打撃は、控え選手もいいだけに、あまり心配はなさそうな気がするが。打撃チームは、来季も健在、驚異の打線。

 チームは、1961年に創設。70年代は、奪三振王のノーラン・ライアン、フランク・タナナの両輪で、投手力のチーム。同じ頃、ビル・シンガーも20勝投手になっている。
 79年、移籍してきた選手が大活躍。打撃チームに変貌して、チームは初の地区優勝。MVPは、ドン・ベイラー(36本塁打139打点)。ロッド・カルー(打率.318)、その年、2試合連続満塁本塁打のウイリー・エイキンス(21本塁打81打点)、ブライアン・ダウニング(打率.326)、他、ボビー・グリッチとダン・フォードが100打点を超えた。ライアンも16勝をあげ、223奪三振。

 近年は、2002年にワイルドカードからワールドシリーズ初制覇。2002年以降の8年間で6度のポストシーズン進出。今は、全盛期、黄金時代と言えそう。

 MLB関連記事

 WS_ヤンキースがV27_松井がMVP

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/364-77f536fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。