スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打のタイガース、投のアスレチックス 

 アリーグは、打撃力ではデトロイト・タイガース、投手力ではオークランド・アスレチックスが素晴らしいですね。
 6月10日、タイガースは21安打15得点の猛打で快勝。チーム打率も.293となりリーグ1位。62試合で374得点(リーグ1位)で1試合平均6得点強。77本塁打もリーグ2位。このシリーズのメッツ戦は完封された試合を含めて3試合で23得点。前のレンジャーズ3連戦は25得点、その前のインディアンス4連戦は34得点。凄い得点力。
 ここに来て、移籍してきたゲリー・シェフィールドが大爆発。リーグ2位の17本塁打、43打点はリーグ10位。頼もしい打者の復活ですね。
 6月9日、10日、オークランド・アスレチックスは連続完封勝ち。ダン・ハレン、チャド・ゴーディンなど絶好調、それに登板する投手は、ほとんど好投していますね。すごい投手陣。チーム防御率3.11でリーグ1位。
 アスレチックスは34勝28敗で貯金6。西地区3位ですが、勝率からいくと、ワイルドカード争いに加わりそう。打撃は、ニック・スウィシャーが頼りになるくらい。他の打者にも期待。
 今日は、ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが2本塁打で24本塁打63打点で二冠王に、ミルウォーキー・ブルワーズのプリンス・フィルダーも本塁打を打って23本塁打でリーグトップ。この2人が本塁打の話題を提供してくれそうですね。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/38-5456cd74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。