スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井秀_140試合スタメン_エンゼルスの主軸打者に 

 MLB。2010年、3月。

 ロサンゼルス・エンゼルスの松井秀喜選手は、マイク・ソーシア監督に140試合スタメンを期待されている。

 140試合スタメンに出場したシーズンは、すべて100打点以上をマークしている。今季、140試合スタメンなら、きっと100打点はクリアーするだろう。

 松井秀選手は、チームでも、最もランナーを帰す重要な役割になると思われる。昨季のエンゼルスで、最多本塁打は、ケンドール・モラレスの34本塁打。モラレスは、昨季、大ブレークした選手。今季も、となると、昨季以上の本塁打をマークするかは、微妙。クリーンアップ候補には、ボビー・アブレイユ、トリー・ハンターか。モラレスが、昨季のような活躍をすれば、クリーンアップか。

 安定感を考えたら、松井秀選手が、もっとも、頼りになりそう。ヤンキース時代の「パックマン」と言われたように、打点を稼ぐことは、間違えないと思われるが。

 チームは、3割近いバッターが並ぶ打線で、パワーは、あまり期待できないが、そのパワーを松井秀選手に補ってもらいたいところだろう。チーム打率は、高くなるので、ランナーが出ている場面での打席が多い。本塁打でなくとも、ランナーを帰す打撃をしてもらえば、いいのでは。

 今季、楽しみなチームになりそう。同じ地区のチームがレベルアップしているから、楽しみなレギュラーシーズンとなりそう。


 松井秀関連

 松井秀が移籍したロサンゼルス・エンゼルス

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/383-3755b8fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。