スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミネソタ・ツインズの名選手 

 MLB2010。

 ミネソタ・ツインズは、現在、ジョー・マウアー、ジャスティン・モアノーの2人が軸のチーム。マウアーは、MLB最高の選手とも言えそう。

 2000年代は、2人の他に、サイヤング賞2度のヨハン・サンタナ、ゴールドグラブの常連トリー・ハンターなどがいた。

 ワールドシリーズを制覇した、1987年、1991年は、メトロドームの本拠地で強かった印象もあるが、打では、カービー・パケット、ケント・ハーベックなど、投手は、バート・ブライレブン、フランク、バイオーラ、ジャック・モリス、スコット・エリクソンなど。パケットは、デビュー6年で1200安打を達成、6年間で平均200安打を達成。ハーベックは、100打点をあげる主砲だった。

 1969年、1970年の地区優勝の頃は、20勝コンビのジム・ペリー、デーブ・ボズウエル、打では、ロッド・カルー、トニー・オリバ、ハーモン・キルブリュー。カルーは安打製造機、3000安打を超えている。オリバは天才打者といえそう、デビューから2年連続首位打者。キルブリューは、573本塁打の主砲。本塁打率は、当時では高い選手。このころは、豪華メンバー。

 1910年ころ、投手では、ウォルター・ジョンソンだろう。当時は、球団名が、ワシントン・セネタース。通算416勝で、歴代2位。通算奪三振記録は55年間君臨した。通算113完封はMLB記録。
 

 マウアー関連

 2009アリーグMVP_J・マウアー

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/391-89ee6b94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。