スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッキーズ上位進出狙う 

 コロラド・ロッキーズが最近好調で、ナリーグ西地区を混戦にしそうですね。6月17日の試合は負けましたが、それまで4連勝。35勝34敗で、ナリーグ西地区4位。まだ、首位と5ゲーム差前後なので、充分地区優勝のチャンスあり。それに、前々月は負け越しだったのに、先月の7連勝をはじめ、連勝が多くなってきた。
 ロッキーズは、打撃チームで有名ですね。本拠地クアーズ・フィールドは打撃有利の球場といわれて来ましたが、最近は、そうでもないようですが。
 主砲トッド・ヘルトンは、パワーもあるアベレージヒッター。通算打率.332は現役選手で1位。シアトル・マリナーズのイチロー選手と同率首位。ヘルトンの打撃は、MLBでもトップクラス。四死球も多い、本塁打も多い。ただ、最近はパワーが落ち気味の感じ。
 若いマット・ホリデーも凄いですね。イチロー選手よりも早く100安打を達成。試合数は、イチロー選手より1試合多かった。でも、今日も2安打で、102安打、打率.363で、ナリーグの首位打者争いのトップ。昨季も、打率.326、34本塁打、114打点の大活躍。
 松井稼頭央選手も好調で、打率.320、11盗塁。昨季ロッキーズに移籍してきてから高打率。従来の松井選手らしい活躍が見れますね。リードオフマンのウィリー・タベラスも打率.318、16盗塁、ヒューストン・アストロズが今年移籍。この2人の1,2番コンビは、相手チームには脅威ですね。
 5番のギャレット・アトキンズは、すこし不調。でも、打撃を盛り返してきたら、やっぱり、怖い打線。
 近年、本塁打量産チーム、高打率のチームというイメージのロッキーズ。猛打で上位進出を狙って欲しい。1995年以来のプレイオフ出場を目指して欲しい。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/40-0ffc4298

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。