スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッズのローレンが2本塁打と決勝タイムリー 

 シンシナティ・レッズのスコット・ローレンが、2本の本塁打と決勝タイムリーでチームの勝利に貢献。

 この日、2回に、ライドスタンドに本塁打、先制点をあげる。4回に、1点差に迫る、ライトスタンドへの本塁打。延長10回に、タイムリーヒットを打ち、これが決勝点。チームも連勝で4勝3敗。ナリーグ中地区2位へ。
 
 ローレンは、フィラデルフィア・フィリーズ、セントルイス・カージナルスでは、クリーンアップを打っている。100打点以上を4回。守備も上手く、肩の強さは定評があった。新人王、ゴールドグラブの常連。2006年には、セントルイス・カージナルスのワールドシリーズ制覇に貢献。現時点まで、通算、打率.284、286本塁打、1133打点。
 
 レッズの記事

 グリフィー600本塁打_歴代6人目

スポンサーサイト

Comments

こんにちは

すごい人なのですね~!

考えてみれば、新人王って
たった一度しかもらえない
賞ですよね。
それをもらえるというのは、
本当に類まれなる才能と天性
の持ち主だと思います^^
今後の活躍も楽しみですね♪

 星月冬灯さん、コメントありがとうございます。
 そうですね。新人王は、そのときの境遇にもよりますね。同じライバルの存在や、チームの状況で、試合に出れるかどうかもあるので、…。
 ローレンは、全盛期は、当時NO1の三塁手。チームも、今季は期待されている戦力なので、ローレンの活躍いかんでは、かなり上位にいくかもしれませんね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/403-66ae7428

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。