スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤澤里菜_最年少囲碁棋士_デビュー戦は黒星 

 2010年5月24日。(囲碁)

 藤澤里菜初段が、デビュー戦は敗北。果敢に攻めの手を打つが、中盤から反撃され、中押し負け。「少し悔しい。次は勝ちたい。」とコメント。

 藤澤里菜初段は、小学5年生で、今年、女流棋士特別採用試験で1位となり、プロ入り。4月1日をもってプロ棋士となった。11才6か月でのプロ棋士は、最年少記録の更新。今までの、女性最年少は、謝依旻女流本因坊の14才4か月。男性囲碁棋士を含めても、趙治勲二十五世本因坊の11才9か月を抜いた。

 祖父は、藤沢秀行名誉棋聖で、藤沢名誉棋聖は、棋聖のタイトルを初代から6期連続獲得。小林光一九段の8連覇に次ぐ記録。

 早いうちに、藤澤里菜初段の初勝利の朗報が聞きたいですね。

 囲碁記事

 第22期女流名人戦_謝依旻対向井千瑛

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/423-59d2f27d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。