スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サミー・ソーサ史上5人目の600号 

 テキサス・レンジャーズのサミー・ソーサが、今季12号本塁打を打って、史上5人目の通算本塁打600号。600本以上は、ハンク・アーロン、バリー・ボンズ、ベーブ・ルース、ウイリー・メイズと、サミー・ソーサ。
 600号は、ひとつのマジックラインになるのでしょうか。MLBのホームランバッターの多くは、500本台で引退していますね。長い間、長距離ヒッターとして君臨してしないと、難しい数字。600本は、それに、100本を上乗せするから、もっと、難しいですね。
 ソーサは、1989年から2005年まで、588本塁打。MVP1回、本塁打王1回、打点王2回。MVPは1998年で、66本塁打、マーク・マグワイアが70本を記録した年。本塁打王は2000年で、50本を記録した年。
 ソーサは、1998年、66本、1999年、63本、2000年、50本、2001年、64本。4年間で243本、平均で60.7本のハイペース。この記録は、マグワイアに次ぐ記録、1996年、52本、1997年、58本、1998年、70本、1999年、65本。4年間で245本、平均で61.3本のハイペース。
 シーズン60本塁打3回は、ソーサだけ。シーズン50本塁打4回は、ソーサ、マグワイア、ルース。4年連続シーズン50本塁打は、ソーサ、マグワイア。他の現役選手でシーズン50本塁打2回以上は、ケン・グリフィー、アレックス・ロドリゲスが2回。
 どこまで伸びるのか楽しみですね。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/43-89cdc5df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。