スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワード_猛打炸裂_今季も本塁打打点の本命か 

 2010年7月18日。(MLB)。

 フィラデルフィア・フィリーズのライアン・ハワードが、オールスターを前後して、従来の打撃に戻ってきた。

 この日も、本塁打を打ち、21本塁打73打点。本塁打はトップと1本差、打点はリーグトップ。今季も、本塁打と打点部門では、最有力となりそう。ハワードは、スロースターだけに、この時点でこの位置ならば、本塁打打点の二冠王は確実かも。

 オールスター以降の4試合で、4本塁打8打点。最近、9試合で、6本塁打13打点と、絶好調。今季は、開幕5試合で3本塁打と好調なスタートを切ったが、それ以降、4月は本塁打は1本で、4本と出遅れたが、ここに来て量産。ハワードのペースといえば、そうなのかもしれない。2006年は、8月に14本を量産。今季も、今後の本塁打ペースに注目。

 ハワードの輝かしい成績、2005年の新人王、2006年のMVPと本塁打打点の二冠王、2008年の本塁打打点の二冠王、2009年の打点王。MLB史上最速の200号。パワーヒッターだけに、三振は多いが。しかし、本塁打と打点に関しては、頭抜けている。過去、4シーズン連続45本塁打以上、打点も4年連続130打点(140打点以上が3回)。記録的に、驚異的なペースである。

 2006年は、60本塁打を期待され、終盤に伸びずに、58本塁打に終わったが、149打点と驚異的な活躍。今季は、打率も3割近く、45本塁打140打点くらいになりそう。


 ハワード

 ハワード_1試合2本塁打_プレシーズンは絶好調

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/451-3a65e5fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。