スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コネルコが31号_チームも21安打で快勝 

 2010年8月19日。(MLB)

 シカゴ・ホワイトソックスが、21安打11得点の猛打で快勝。アリーグ中地区の2位をキープ。しかし、最近は、取りこぼしが多く、負けがこんでいる。ボルチモア・オリオールズ、デトロイト・タイガースなどに負け越し、ライバルのミネソタ・ツインズは、今日は勝ったが、2シリーズ続けての負け越し。今後に期待。

 しかし、今季は、予想以上の健闘をしている。地区内に絶対的な強いチームがいないだけに、ダークホースとみられたホワイトソックス。最近まで、首位争いをしていたが、首位とは4ゲーム差の2位。

 ポール・コネルコが、この日、31号本塁打を含む5打数5安打の大活躍。キュリア2度目の5安打。今季は、3割もキープしており、31本塁打85打点と好調。過去に、40本塁打以上が2度あるだけに、今季も40本塁打が目標か。シーズン5回目の100打点も期待したいところ。

 フアン・ピエール、アレックス・リオス、カルロス・クエンティンなども、まずますの調子。投手陣はジェーク・ピービを欠いてるが、先発5人は確定しており、ある程度計算できる。ポストシーズンへは、地区優勝しかないだろう。ワールドカードになるのは、難しいかも。ワイルドカードで出場するなら、今後の日程で、ニューヨーク・ヤンキース、ボストン・レッドソックスに勝っていくしかない。(既に、タンパベイ・レイズとの対戦は残されていない。)

 2005年のワールドシリーズ制覇チーム。あの、見事な先発投手陣で制したチーム。再び、見たいものである。

 Mバーリー歴代17度目完全試合_歴代では

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/461-b882d09f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。