スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIBA世界選手権_アメリカ3勝目接戦を制しグループ首位に 

 2010年8月30日。(NBA)

 FIBA世界選手権2010の3日目、Bグループ、アメリカはブラジルと対決、最後の最後までもつれた試合で、70対68で辛勝。これで3勝無敗。ブラジルは2勝1敗となった。

 1Q、ブラジルのマルセリーニョ・ウエルタスの2本のFGで4-0とリード。しかし、アメリカも、ケビン・デュラント(サンダー)の3PFGなどで、10-6と逆転。ブラジルは、20-22のビハインドから、リアンドロ・バルボサが3PFGを2本決めて、ティアゴ・スプリッターのダンクで、28-22と逆転して、1Qを終了。

 2Q、アメリカが、デュラント、デリック・ローズ(ブルズ)の得点などで、3点差までつめて終了。

 3Q、アメリカが、デュラント、チャウンシー・ビラップス(ナゲッツ)の得点で逆転、2点リードして終了。

 4Q、ブラジルのマーカス・ヴィニシウスの3PFGで62対62に追いつかれるも、アメリカは、 ラマー・オドム(レイカーズ)、ローズのFGで66対62とする。68-64のアメリカリードから、ブラジルのウエルタスのFGで2点差に追い上げられると、タイムアウトを取る。アメリカは、ビラップスがレイアップシュートを決め4点差、ブラジルもバルボサがレイアップシュートを返して、再度2点差。残り5秒で、ローズのファール、相手にフリースローが。しかし、ブラジルは2本のフリースローを全て外し、最後は、ブラジルはバルボサのレイアップシュートが外れて、タイムアップ。

 アメリカは、デュラントが40分中39分出場で、27得点、10リバウンドの活躍。しかし、ターンオーバー7は多すぎ。ビラップスも、31分出場で、15得点。スターター5人は、ほほ30分以上の出場時間。

 ブラジルは、惜しい試合を落とした感じがする。

 今日は、A,Bグループのみで、C、Dグループはお休み。

 Bグループは、アメリカ3勝で首位、ブラジルとスロベニアが2勝1敗。

 Aグループは、アルゼンチンが3勝で首位、オーストラリアとセルビアが2勝1敗。

 これからも、激戦が期待される。

 FIBA世界選手権_アメリカ2勝目デュラントが22得点

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/467-cd7f84a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。