スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンジャーズが初のアリーグ制覇_当初の名選手 

 2010年10月22日。(MLB)

 リーグチャンピオンシップ、アリーグは、レンジャーズが4勝2敗で、アリーグ初制覇、ワールドシリーズ初出場が決まった。

 球団の創設は1961年。50年目にしてリーグ初制覇。
 近年は、スター選手が多く、打撃に関しては、リーグでも指折りのチームとなった。

 1960年代は、下位に沈んでいたが、フランク・ハワードは、球団の顔と言えそうだ。本塁打王を獲得する活躍も。とくに、1968年、あの、投高打低のシーズンに、当時のMLB記録となる、6試合連続で10本塁打の記録を樹立。本塁打王2度の活躍。日本のプロ野球でも記録がわずかに残っている。

 1970年代は、打撃の神様、テッド・ウイリアムズを1969年から監督に迎える。しかし、成績が芳しくなく、天才肌のウイリアムズには我慢できず、退団を申し出る。70年代は、地区2位に何度がなっている。1974年は、元シカゴ・カブスのエース、ファーガソン・ジェンキンスが25勝をあげる、ジェフ・バローズが打点王やMVPを獲得するなのど活躍。70年代後半は、アル・オリバー、リッチー・ジスク、ボビー・ボンズなどの打撃陣の活躍で上位をキープした。
 しかし、当時の地区強豪オークランド・アスレチックス、カンザスシティー・ロイヤルズの牙城は崩せなかった。

 それ以降は、投手では、ノーラン・ライアン、打撃陣は豊富で、ホワン・ゴンザレス、アレックス・ロドリゲスなど多くの名選手が在籍している。


 2009WSはヤンキース対フィリーズ_2度目の対決

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/493-d69a5426

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。