スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子フィギュア_4回転時代に突入か 

 2010年10月24日。(フィギュア)

 グランプリシリーズ(GP)第1戦(NHK杯)では、日本の男子選手(高橋大輔選手、羽生結弦選手、無良崇人選手)の3人を含め、4人の選手が4回転ジャンプを決めた。今後、4回転ジャンプの増える傾向になるだろうと予想されている。

 ルール改正が大きな要因となっている。今回のルール改正で、4回転トーループのの基礎点が9.8から10.3にアップ、4回転フリップが11.3から12.3にアップなど。他にも、回転不足を2段階評価にしており、1/4回転から1/2回転不足は、基礎点の70%を与える、1/2回転不足以上は1回転少ない基礎点となると、されている。

 4回転のない演技で、優勝ということが、過去何度があって、それが、論点となったようである。

 これで、芸術性に、高い技術を取り入れた演技をした選手が優勝ということになる。

 今まで以上に、さらに高いレベルになるが、観ている側としては、素晴らしい演技が観れることになりそう。

 でも、4回転ジャンプは素晴らしいが、一説には、かなり足に負担がかかるとされている、転倒もかなり見てきているので、怪我の危険性のあるジャンプであることも否めないような気がするが。

 しかし、4回転ジャンプは、スケートの醍醐味であり、観ている方には、とても魅力的に見える。それが、今回の改正に繋がったのか。

 4回転ジャンプは、これから増えていくことだろう。


 浅田真央_シニア主要大会の成績

スポンサーサイト

Comments

こんばんわ☆

高橋大輔見てないですが、丁度エキシビジョンで羽生と村上 佳名子選手の演技
を見ました。共に15才とは思えない素晴らしいもので、次世代は凄い、驚きです。

 arisaさん、コメントありがとうございます。

 本当に、そうですね。日本のフィギュアスケートの若い選手層は厚いですね。
 ここ10年くらいでしょうか。
 次回のオリンピックに期待したいですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/494-9f75b95e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。