スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球殿堂入り候補初資格取得選手の注目選手 

 2010年11月30日。(MLB)

 2011年、MLB野球殿堂入り候補者で、初めて殿堂入りの資格を得た選手の中の注目選手。

 フアン・ゴンザレスは、テキサス・レンジャーズなどに在籍。MVP2回、本塁打王2回、打点王1回。パワーは抜群、打点を稼ぐことに関しても優れている。1689試合、打率.295、434本塁打、1404打点。オールスター前に100打点を達成したことのある選手。オールスター戦の先発起用で、問題を起こしたことは、あるが、大きな問題ではない。

 ジェフ・バグウェルは、ヒューストン・アストロズに在籍。MVP1回、打点王1回。2150試合、打率.297、449本塁打、1529打点。常に、コンスタントの成績を残し、チームのポストシーズン進出に貢献。短縮シーズンのMVP(110試合で、打率.368、39本塁打、116打点。)は圧巻。四死球が多く、得点も多い。

 ラリー・ウォーカーは、コロラド・ロッキーズなどに在籍。MVP1回、首位打者3回、本塁打王1回。1988試合、打率.313、383本塁打、1311打点。1997年から3年連続3割6以上。1997年は、打率.366、49本塁打、409塁打を記録。惜しくも、三冠王を逃した年。

 この3選手が、有力に思えるが、どう評価されるか、来年の得票結果が楽しみ。(75%で、殿堂入り。)


 2010_MVPはナリーグがボットとアリーグがハミルトン

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/517-39e0f216

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。