スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテル・ミラノが四冠達成_クラブW杯 

 2010年12月19日。(サッカー)

 トヨタ・クラブワールドカップ(クラブW杯)は、欧州王者インテル・ミラノ(イタリア)が、アフリカ代表のマゼンベ(コンゴ)に3対0で快勝し、この大会初制覇となった。また、決勝に、欧州、南米以外のチームが残ったのも初の快挙(マゼンベ(コンゴ))。

 インテル・ミラノ(イタリア)は、昨季、国内リーグ、カップ杯、欧州CLを制し、これで、四冠達成。クラブチームとしては、最高の名誉である。

 マゼンベが、決勝に残ったのも快挙。6回目の大会で、初めて、欧州、南米以外のチームが決勝に。今後も、サッカーの勢力図が、少しでも広がることを期待したいところ。次回以降も、他地域のチームの奮起を望むところ。

 試合は、マゼンベの好守備も、インテル・ミラノの攻撃に崩されてしまった、そんな感じに見えた。

 クラブW杯は、4年連続、欧州王者の優勝となった。2007年以降、ACミラン、マンチェスターU、バルセロナ、今季のインテル・ミラノ。その前は、インテルナシオナル、サンパウロと、欧米勢が勝っていたが。

 インテル・ミラノ セリエA、1908年創設。5年連続18度目の国内リーグ制覇。クラブW杯の前身の世界クラブカップでは、1964、65年を連覇している。今季は、国内リーグは、不調。後半に期待。

 ワールドカップ2010_イタリアは引き分けスタート_歴代前回優勝チームの初戦は

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/526-dd2e8958

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。