スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国高校ラグビー2回戦_シード校順当勝ち 

 2010年12月30日。(高校ラグビー)

 全国高校ラグビーの第3日目。2回戦16試合を行い、シード校などが、順当に勝ち進んだ。

 Aシードの東福岡が、48対13で新潟工を圧倒して勝利。同じく、Aシードの桐蔭学園は、81対10で岡谷工に快勝。他、Aシードの流通経大柏が、53対0で鹿児島実に、大阪朝鮮高が、48対12で福岡に快勝。

 関西学院や常総学院、深谷も快勝した。他、国学院栃木、伏見工、秋田工、大阪桐蔭、正智深谷、東海大仰星、尾道、国学院久我山。実力校、伝統校が勝ち残った感じ。

 慶応対長崎北陽台は、大熱戦となり、終了間際まで、12対15で、長崎北陽台がリード。しかし、慶応は、相手反則でペナルテイーを得て、PGで同点の場面。3点の同点PGを狙わずに、FW陣がモール勝負を挑んで、逆転のトライを奪う。17対15の逆転勝利。前半の2トライもモールから得点しているので、モールでの勝負をかけた。監督は、「選手の判断。」と言い、主将は、「慶応の気持ちをみせろ。」と語った。9大会ぶりの出場、古豪復活、今大会のダークホース的な存在になれるか。期待したいところ。


 第63回春高バレー_衣替え

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/531-60e106b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。