スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NECとレノボが出資で合弁事業_パソコンのシェアが拡大 

 2011年1月22日。(経済)

 NBCのパソコン事業会社に、レノボ(中国が)が出資する合弁事業とすると発表。(数値は2009年)。

 これで、パソコン世界シェアで、レノボが8.2%、NECが0.9%、合わせて9.1%になり、世界第4位は確固たる地位に、3位のエイサー(台湾)の12.6%、2位のデル(アメリカ)の12.6%に接近し、猛追することになるのか。

 NECは、9800シリーズで、国内市場で過半数を占めたが、2009年に、海外市場から撤退している。国内では、18.3%で、首位を維持している。

 レノボは、2005年にIBMのパソコン事業部を買収して、海外展開をして、世界4位のシェアを持っている。日本国内では、4.6%のシェア。

 パソコン市場の厳しさからコストの削減などが目的、そして、スマートフォンなどの成長で悪化している現状もある。

 この合弁で、国内では、18.3%(NEC)+4.6%(レノボ)で、数値上は、22.9%のシェアとなり、さらに、国内のシェア拡大に努めるらしい。

 iPad人気_アップル株式時価総額でアメリカ国内2位へ

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/542-19e96dfe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。