スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州サッカーで日本選手が高い評価 

 2011年2月2日。(サッカー)

 欧州サッカーで日本選手が高い評価を受けていると言われている。即戦力として期待、そして、日本人選手の良さを、チームの強化に取り入れたいようだ。

 長友佑都選手が、セリエAの名門クラブ、インテル・ミラノに期限付きで移籍した。移籍期限ギリギリの電撃的な移籍。移籍金は、6億7千万とも言われている。DFとしてのプレーは、すでに、トップクラスと判断できる。

 ザッケローニ監督は、欧州のチームは、日本人選手のプレーもさることながら、「俊敏性」「勤勉さ」も、チームの強化に役立つといれていると、分析する。

 岡崎慎司選手も、ドイツのシュツットガルトに移籍。側転力として期待されている。

 中田英寿選手が、セリエAのローマの優勝の原動力になったこと以来、セルチックスの中村俊輔選手、CSKモスクワの本田圭佑選手、ウォルスブルグをドイツ1部リーグ優勝に貢献した長谷部誠選手、ドイツ1部のドルトムントの今季首位快進撃の立役者、香川真司選手と、海外で活躍している選手が多くなった。

 確かに、評価が上がっている、アジア杯、W杯での、チームの躍進もあるだろう。

 このほか、イングランド1部のチェルシーが、リバプールのフェルナンドトレス選手を獲得するニュースも入った。

 インテル・ミラノが四冠達成_クラブW杯

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/547-71fc9a91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。