スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子バレー_サントリーの強さの秘密 

 2011年2月3日。(バレーボール)

 男子バレーボールプレミアリーグで、サントリーが好調。レギュラーシーズンの前半を終えて、11勝3敗で、首位の勝率ながら、セット率の関係で2位。昨季5位から、大きな躍進となった。

 荻野正二監督の守備重視のバレーが浸透しているようである。アタック決定率は8チーム中7位の成績ながら、勝利に結び付けている。それは、守備重視のバレー、「ボールを床に落とさないから。」とされている。相手の強打に対するレシーブが完成しつつあると、ここまでの勝因を分析している。

 荻野正二監督は、「スパイクを決めたやつがヒーローではない。サーブレシーブをきちんとセッターに返したやつがヒーローだ。」と言っている。そして、チームの一体感も強固であると、されている。

 GMも、荻野正二監督の指導と、思い切った交代、巧みな選手起用などを、評価している。

 男子バレーボール、プレミアリーグの後半にも期待。

 狩野舞子_イタリア1部リーグでデビュー

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/548-e06a10b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。