スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェフィールド引退_1992年は三冠王を惜しくも逃す活躍 

 2011年、2月18日。(MLB)

 ゲイリー・シェフィールドが引退。通算記録、509本塁打は歴代24位、打率.292、1676打点と、メジャーでも、屈指のバッターだった。バットを前後に動かしてタイミングをとる打者で、全盛期は、ヘッドスピードはNO1とも称された。

 1996年、フロリダ・マーリンズでは、打率.314、42本塁打、120打点、2000年、ロサンゼルス・ドジャーズで、打率.325、43本塁打、109打点、2003年、アトランタ・ブレーブスで、打率.330、39本塁打、132打点と、大活躍。

 シェフィールドの1992年、サンディエゴ・パドレスで、三冠王に接近した年は、素晴らしかった。打率.330(首位打者)、33本塁打(リーグ3位)、100打点(リーグ5位)。本塁打は2本差、打点は9打点差で惜しくもタイトルを逃した。(本塁打王はチームメイトのフレッド・マグリフの35本、打点王はフィラデルフィア・フィリーズのダレン・ドールトンの109打点。)

 1992年、シェフィールドは、開幕から15打数1安打でスタートと決していいスタートではなかった。5月5日から18試合連続安打で、打撃3部門で上位に。8月6日には、マグリフとともに、当時史上初の2イニング連続同一打者の連続本塁打の快挙を達成。8月22日には、三冠王に躍り出る(本塁打、打点は並んでいるが)。しかし、9月に、安打製造機トニー・グウィンの欠場で、打点が伸びず、シェフィールドも、9月30日に骨折で、シーズンを終了した。この年は、MVPはバリー・ボンズ。

 その後も、打撃でチームに貢献、ワールドシリーズも制覇した。

 歴代セーブ王トレーバー・ホフマンが引退

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/556-f96f0d55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。