スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスレチックス_1989年にワールドシリーズ制覇 

 2011年、2月25日。(MLB)

 松井秀喜外野手の加入で、気になる球団、オークランド・アスレチックス。プレスでは、あまりいい評価はされていないが、ガンバッテ欲しい。

 近年では、1989年にワールドシリーズを制覇している。このころは、近年ではまれにみる黄金期と言えそう。

 打撃陣は、素晴らしいメンバー。
 リードオフマンが、あの、世界の盗塁王、リッキー・ヘンダーソン。シーズン130盗塁、通算盗塁数記録など、MLB記録保持者。当時は、4年ぶりに、ニューヨーク・ヤンキースから古巣に復帰。
 中軸は、40本塁打40盗塁を最初に達成したホセ・カンセコ、シーズン70本塁打を記録したマーク・マグワイアー、元ピッツバーク・パイレーツで大活躍した大砲のデーブ・パーカー。
 2番には、この年、リーグ2位の打率を残した、カニー・ランスフォード。他、スーパースター候補生と言われたデーブ・ヘンダーソンなど。

 投手陣も、豪華メンバー。
 先発は、4年連続20勝を達成したデーブ・スチュワート(1989年で3年連続20勝を達成)、17勝のボブ・ウェルチ(シーズン27勝の記録を持っている)、19勝のストーム・デービス、19勝のマイク・ムーア。
 リリーフは、デニス・エカーズリー、リック・ハニーカット、トッド・バーンズ。大リーグ・最高のブルペンと言われたころ。

 バッシュ軍団と言われた時代。強さは特別だった。

 松井がアスレチックスと1年契約_チームの展望は

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/558-9e63a269

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。