スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB2011開幕_快記録やサヨナラゲームなど 

 2011年、4月1日。

 MLB2011は、昨日開幕。

 試合前に黙祷を捧げて、そして、試合が開始された。

 ミルウォーキー・ブリュワーズのリッキー・ウィークスとカルロス・ゴメスが、初回の先頭打者から2者連続本塁打の快挙を達成。1969年のシンシナティ・レッズのピート・ローズ(その年、打率.348、16本塁打、82打点)、ボビー・トーラン(その年、打率.305、21本塁打、96打点)以来の快挙を達成した。ビックレッドマシンの初期の頃まで遡る記録。
 ブリュワーズは、試合はサヨナラ負け。相手のレッズがサヨナラ勝ち。昨年度のリーグMVPのジョーイ・ボットも本塁打を打った。

 セントルイス・カージナルスのアルバート・ブポルスは、ノーヒット。チャンスに打てなくて、本人も、すこし、反省気味に見えたが、しかし、まだ、1試合だけに、気にすることもなさそう。

 今季、ナリーグの優勝候補NO1のフィラデルフィア・フィリーズは、サヨナラ勝ち。昨季アリーグの覇者、テキサス・レンジャーズは、自慢の打撃で勝利。

 日本人選手では、シアトル・マリナーズのイチロー外野手が2安打、チームは、エースで昨季サイヤング賞を受賞した、フェリックス・ヘルナンデスの活躍で勝利。オークランド・アスレチックスの松井外野手は、ヘルナンデスの好投に抑えこまれた感じが。次の試合に期待。

 ミネソタ・ツインズの西岡内野手は、1安打。初回の守備のエラーは気になるが…。2戦目以降は、オープン戦の好調さを維持して欲しいところ。

 名門、ニューヨーク・ヤンキースは、マーク・テシェーラの活躍などで勝利。
 
 アスレチックス_1989年にワールドシリーズ制覇



 このバーナーは、ブログ” …滔々と?…蕩々と!”より、引用させていただきました。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/566-3f56c020

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。