スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cベルトラン_チーム史上8人目1試合3本塁打 

 2011年5月12日。(MLB)

 ニューヨーク・メッツのカルロス・ベルトランが、1試合3本塁打の快挙を達成。試合では、1回、7回、9回に本塁打を放って達成。チームでは、8人目の快挙となった。

 ベルトランは、過去に、シーズン40-40(40本塁打40盗塁)に、接近するなど、素晴らしい外野手。2005年以降は、打率が下降気味、欠場も比較的多いプレイヤーとなっているが、素質は、抜群で、5ツールプレイヤーとして有名で、打撃のアベレージ、パワー、走塁、守備、送球の、全ての部門で素晴らしい能力を持った選手で、稀な選手である。

 過去に、チーで1試合3本塁打以上した選手は、ジム・ヒックマン、デーブ・キングマン、クローデル・ワシントン、ダレル・ストロベリー、ゲリー・カーター、エドガード・アルフォンゾ、ホセ・レイエス。この中で、キングマン、ストロベリー、カーターは、パワーヒッターと言える。

 メッツは、ミラクル・メッツと呼ばれたころは、投手力のチームであった。トム・シーバーなどが有名。そして、ドワイト・グッテンやカーターが主力のころは、投打に安定していた。

 最近は、FAなどで、いい選手を獲得しているが、成績は、今ひとつ。選手の力がフルに発揮されれば、今季も、おもしろい活躍のできるチームと思っているが。

 メッツ首位_ミラクルメッツはやはり懐かしいかな

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/578-5d4bd72a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。