スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な演奏_飛燕太鼓 

 友達の所に遊びに行った。ちょうど、お祭りで…。そう、夏祭りのシーズンですね。そして、太鼓の演奏を、近くで聞いていた。太鼓はいつも大きな音だな、これが、第一印象。いつも、そんな感じがする。
 一般的に太鼓の演奏を聞いていると、なにか勇気つけてくれる。そんな不思議な感じがする。そして、躍動感と情熱が心の奥に染みてくる。なんとも、素敵な感じ。
 その日の太鼓は、飛燕太鼓の方々の演奏。しばらく、演奏を聴いていた。ちょっと、違う感じがする。…そう、なにか違う、私には、繊細な優しい感じがする。不思議。感じ方は、個人それぞれだと思うけど。私には、ちょっと、いつもと違う太鼓の演奏に聞こえた。
 いつものように大きな音で勇気つけられたけど、なにか、優しい繊細な感じが残った。心の中に、安堵感のような優しい感じが。なにか個性的な感じがあるのかな。でも、個人の印象だから、太鼓のプロでもないし。演奏、ご苦労さまでした。素敵な旅の思い出。

 <飛燕太鼓>1980年、燕市に新作郷土芸能として創設される。現在のメンバーは約30名。高校生から60才まで。大変人気のある太鼓で、地元の飛燕夏まつりをはじめ、近くの市町村の祭りで演奏する。

P1000007.jpg

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/58-d9397540

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。