スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パペルボンとオーティスが快記録を達成 

 2011年6月7,8日。(MLB)

 ボストン・レッドソックスのクローザー、ジョナサン・パペルボンが、通算200セーブのMLB最速記録を更新した。
 通算200セーブの従来の記録は、ニューヨーク・ヤンキースのマリアーノ・リベラの382試合。パペルボンは、359試合での達成となり、歴代1位となった。
 パペルボンは、2006年以降、クローザーをしているが、2006年以降の通算セーブ数でも、2位である。今は、最も安定した記録を残しているクローザーの1人と言えそう。ちなみに、1位は、ニューヨーク・メッツのフランシスコ・ロドリゲスの225セーブ。

 ボストン・レッドソックスのデビット・オーティスが、対ニューヨークヤンキース戦での通算本塁打を33本として、ドワイト・エバンスの32本を抜いて、チームで歴代単独5位となった。
 通算本塁打1位は、テッド・ウイリアムズの62本、2位は、カール・ヤストレムスキーの52本、3位は、ジム・ライスとマニー・ラミレスの36本。
 オーティスならば、さらに打てそうである。3位の36本は抜けそうな気がする。2位の52本まで打てるか。1、2位は、チームの至宝と言われた打者。そこまで、追いつけるか。そして、長年のライバルチーム・対ヤンキース戦に打った本塁打となると、非常に価値があると思われる。

 今週、レッドソックスとヤンキースが、アリーグ東地区の首位決戦を演じている。今季も、最後まで、接戦が続きそうである。楽しみな黄金カード。

 Mラミレスが引退_インディアンズとレッドソックスの至宝

 復興支援ポスター

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/584-cafecc9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。