スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地区優勝を100勝以上の2チームで争った最後の年_100勝の記録 

 2011年6月。(MLB)
 
 アトランタ・ブレーブスとサンフランシスコ・ジャイアンツがナリーグ西地区の優勝争い、最後まで、ハイアベレージデッドヒートを展開して、ブレーブスが104勝、ジャイアンツが103勝で、ブレーブスが制覇。これが、最後の年になっている。これは、1993年である。ブレーブスとジャイアンツの戦力が頭抜けた時代だった。ブレーブスは、トム・グラビン、グレッグ・マダックスの20勝投手コンビなどの活躍、ジャイアンツは、バリー・ボンズの猛打などで、し烈な戦いを行った。素晴らしい、レギュラーシーズンであった。

 翌年から、リーグ3地区制の導入で、こんなハイアベレージの優勝争いは、もうないだろうと言われた。ここまでは、その通りになっている。

 やはり、シーズン100勝は、かなりの戦力が揃わないとできないのだろうか。

 (シーズン100勝のチーム記録)

 シーズン100勝を、3年連続で達成しているチームは、フィラデルフィア・アスレチックス(オークランド)、セントルイス・カージナルス、ボルチモア・オリオールズ、ニューヨーク・ヤンキースの4チーム。ただし、1回のみである。

 シーズン100勝を、2年連続で達成しているチームと回数。(3年連続で達成している時期は、含まない。)
 ニューヨーク・ヤンキースが4回、オークランド・アスレチックス(フィラデルフィア)が2回、、シカゴ・カブスが2回、サンフランシスコ・ジャイアンツ(ニューヨーク)が2回。他、1回のチームは、ボルチモア・オリオールズ、セントルイス・カージナルス、フィラデルフィア・フィリーズ、アトランタ・ブレーブス(ミルウォーキー)、シンシナテイ・レッズ、ロサンゼルス・ドジャース(ブルックリン)。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/589-e60f5c8a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。