スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20勝投手12人_近代野球最多のアリーグ1973年 

 2011年7月。(MLB)
 
 MLBでも、シーズン20勝投手は、少なくなってきたが、1973年のアリーグは、20勝投手が12人もいた。

 この年の20勝投手。
 24勝 ウィルバー・ウッド(シカゴ・ホワイトソックス)
 23勝 ジョー・コールマン(デトロイト・タイガース)
 22勝 ジム・パーマー(ボルチモア・オリオールズ)
 21勝 ジム・ハンター(オークランド・アスレチックス)
 21勝 ケン・ホルツマン(オークランド・アスレチックス)
 21勝 ノーラン・ライアン(カリフォルニア・エンゼルス)
 20勝 バイタ・ブルー(オークランド・アスレチックス)
 20勝 ポール・スプリットーフ(カンザスシティ・ロイヤルズ)
 20勝 ジム・コルボーン(ミルウォーキー・ブリュワーズ)
 20勝 ルイス・ティアント(ボストン・レッドソックス)
 20勝 ビル・シンガー(カリフォルニア・エンゼルス)
 20勝 バート・ブライレブン(ミネソタ・ツインズ)

 この年の最優秀防御率は、ジム・パーマーが2.40。最多奪三振は、シーズン記録となる、ノーラン・ライアンの383奪三振。最高勝率は、ジム・ハンターが、.808。最多完封は、バート・ブライレブンの9完封。

 サイヤング賞は、ジム・パーマー。得票では、以下、ノーラン・ライアン、ジム・ハンター、ウィルバー・ウッドなどが続いた。話題性では、ノーラン・ライアンが三振奪取などで多かったが、安定感のあるジム・パーマーが受賞した。

 ポストシーズンでの試合で、20勝投手同士の対決などが見られたのだろう。登板間隔の違いもあるが、当時は、シーズンで40試合前後の先発があり、完投の多い投手は25試合以上完投している。
 今では、20勝は、年間で10敗以下でないと、達成できない。かなり難しい記録である。


 1970年代

 殿堂入り候補初資格取得選手とジム・ライスとの比較

 MLBの1970年代の球界とは

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/591-7bd16e7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。