スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井日米通算500本塁打 

 2011年7月20日。(MLB)
 
 オークランド・アスレチックスの松井秀喜外野手が、今季7号本塁打を打って、日米で通算500本塁打の記録を達成。

 日本プロ野球界では、王貞治選手、野村克也選手、門田博光選手、山本浩二選手、清原和博選手、落合博満選手、張本勲選手、衣笠祥雄選手が達成している。過去8名。

 MLBの記録を含めた日米通算で500本塁打は、日本人選手では、松井選手が、史上9人目となる。
 
 MLBで通算500本塁打は、現時点で25人。通算600本塁打は7人。通算700本塁打は3人。

 松井選手は、日本プロ野球では、10年間、1268試合、332本塁打。過去10年で、シーズン20本累打以上9回、シーズン30本累打以上7回、シーズン40本累打以上3回、シーズン50本累打以上1回。
 MLBでは、9年目、1141試合、167本塁打。過去8年で、シーズン20本累打以上5回、シーズン30本累打以上1回。

 オークランド・アスレチックスの球場は、基本的に、投手力有利とされているので、記録的には、多少落ちる可能性は予想されたが。今季は、チームの4番としては、寂しい成績。打撃陣が、もう少し、頑張れは、チームも、もっと上に行けたのであるが。

 松井選手の日本プロ野球界でのデビュー頃は、いろいろ記録を作っている。20歳未満で、開幕戦2本塁打は、当時史上2人目。20歳未満でのサヨナラ本塁打は、当時史上4人目。2002年の三冠王にあと少しだったシーズンが最高か。
 MLBでは、本拠地デビュー戦の満塁本塁打、2009年のワールドシリーズMVPが印象に残る。
 

 松井がアスレチックスと1年契約_チームの展望は

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/595-642b2398

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。