スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クエンティンとバーリーがホワイトソックスの勝利を呼び込む 

 2011年8月5日。(MLB)
 
 シカゴ・ホワイトソックスはミネソタ・ツインズ戦で、カルロス・クエンティンとマーク・バーリーの投打の活躍で勝利。

 クエンティンは、2本塁打4打点の活躍。今季、打率.259、23本塁打、70打点とした。2008年に、シーズン途中から欠場したが、絶好調の打撃成績に、かなり近づいた感じが。その年は、130試合、打率.288、36本塁打、100打点。本塁打と打点は近づきそうな気がする。ポール・コネルコとの主軸を担っている。今後も期待したい。

 バーリーは、8回4安打に抑える好投。初回に3点を失ったが、以降は立ち直った。今季、9勝目(5敗)。通算で157勝目(115敗)。ツインズから通算26勝目となり、得意のチーム、相性のいいチームと言えるのかも。他に20勝以上挙げているチームは、カンザスシテイ・ロイヤルズの22勝。

 注目したのは、ツインズのジム・トーミ、通算598本塁打で、600本塁打まであと2本。ここ3試合で2本塁打打っていたので、期待したのであるが。古巣のホワイトソックスから、メモリアルアーチが出るかと思ったが、残念。

 ホワイトソックスは53勝58敗、ツインズは51勝61敗。苦しい位置にいるが、この地区の上位は、勝率が高くなく、混戦が続きそう。連勝すれば、一気に首位争いも考えられる。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/599-f2278c33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。