スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井_7月の月間成績_主要打者の成績 

 ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜外野手が、31日、シカゴ・ホワイトソックス戦で、20、21号の2本塁打で、月間13本目の本塁打。両リーグでトップ。7月のMVP候補ですね。
 松井選手は、7月の月間成績、113打数39安打、打率.345、13本塁打28打点、31得点。まさに、大活躍ですね。マルチヒットが5試合連続を含め11試合、打点も3打点以上が4試合。5安打の試合もありました。
 今季通算で、打率.293、21本塁打74打点。今季の打点はアリーグ6位。今季は、30本塁打100打点は、楽に越えそう。120打点くらい行きそうなペースですね。
 他に、アリーグで、好成績の選手は、ニューヨーク・ヤンキースのロビンソン・カノ、打率.385、6本塁打24打点、ボビー・アブレイユ、打率.353、5本塁打29打点、ミネソタ・ツインズのジャスティン・モルノー、打率.347、8本塁打28打点、ボストン・レッドソックスのマニー・ラミレス、打率.340、7本塁打25打点、シアトル・マリナーズのエイドリアン・ベルトレ、打率.314、6本塁打30打点等。
 松井選手の本塁打数がダントツですね。打点も多いし、打率も高い。得点は、ダントツの1位。結果が楽しみですね。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/60-bf7e4bc6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。