スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井秀喜_キャリア2位の15試合連続安打 

 2011年8月7日。(MLB)
 
 オークランド・アスレチックスの松井秀喜選手が、11号本塁打を放ち、15試合連続安打を記録。試合は延長で、ジョシュ・ウイリンハムの17本塁打で、決勝点をあげ勝利。松井選手の11号2打点本塁打も貴重な本塁打となった。

 松井選手は、今季、97試合、打率.268、11本塁打、56打点。オールスター前に、打率.209から考えると、想像もできない高打率となっている。

 チーム内では、打率は2位。1位は、ココ・クリスプの打率.275。
 本塁打は2位。1位は、ジョシュ・ウイリンハムの17本塁打。
 打点は2位。1位は、ジョシュ・ウイリンハムの63打点。

 松井選手他、打撃のチーム上位の選手は、今年移籍してきたか、または、昨年移籍してきた選手である。しかし、チームの打撃の破壊力は、あまり上がっていない感じがする。投手有利の球場なので、仕方のない面もあるが。

 松井選手の15試合連続安打は、キャリアでは2位の記録。最多記録は、17試合連続安打。その記録を更新しそうな気がする。

 松井選手は、このままの調子で打てば、おそらく、チーム内では、三部門でトップになるだろう。しかし、地区優勝は難しい。投手力は良いから、あと2人くらい打率の稼げる選手がほしいところか。

 松井がアスレチックスと1年契約_チームの展望は

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/600-b60b1ced

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。