スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーミ600号_驚異の本塁打ペース 

 2011年8月15日。(MLB)
 
 ミネソタ・ツインズのジム・トーミが、この日、10号本塁打(2打点)、11号本塁打(3打点)と、2打席連続の1試合2本塁打で、MLB史上8人目の600号本塁打を達成。達成年齢では、最年長であるが、達成までの打数では、ベーブ・ルースに次いで2位と、まさに、本塁打アーティスト。

 トーミは、キャリアでは、打率.277、600本塁打、1662打点(歴代27位)となった。8167打数は、600本塁打達成時では歴代2位。1位は、ベーブ・ルースの6921打数で達成。
 キャリアの本塁率でも、13.68打数に1本のペース。これは、600本塁打以上では、ルースの11.76打数、終盤に驚異のペースで打ったバリー・ボンズの12.90打数に次ぐ成績。参考までに、マーク・マクガイアーは10.61打数、ライアン・ハワードは12.16打数である。

 トーミは、クリーブランド・インディアンスでデビュー、フィラデルフィア・フィリーズ、シカゴ・ホワイトソックスなど、現在は、ミネソタ・ツインズ。タイトルは、2003年のナリーグ本塁打王(47本塁打)。最多四球が3度など。
 シーズン3割は3回。シーズン50本塁打以上は1回、シーズン40本塁打以上は6回。シーズン100打点以上は9回、シーズン100得点以上は8回、シーズン100四球以上は9回。

 他、キャリア得点1553(歴代51位)、長打率.558(歴代18位)、出塁率.403(歴代34位)。

 同じ時代にホームラン打者が多かっただけに、あまり目立った感じがしなかったが、素晴らしい成績である。

 A・ジョーンズが2本塁打_R・ブラウンの連続試合安打記録

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/603-0d262e8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。