スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベラとウェークフィールドとバーランダーが好記録を樹立 

 2011年9月13日。(MLB)
 
 ニューヨーク・ヤンキースのマリアノ・リベラが通算600セーブを達成。ボストン・レッドソックスのティム・ウェークフィールドが通算200勝を達成。デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーが、今季23勝目をあげた。

 リベラは、今季41セーブ目をあげて、通算600セーブ。MLB史上2人目の達成。最多は、トレバー・ホフマンの601セーブ。あと1セーブでMLB記録と並ぶとこになる。通算セーブ記録の3位は、リー・スミスで478セーブ。
 リベラは、15年連続20セーブ以上、9年連続30セーブ以上、ポストシーズンの通算42セーブ(MLB記録)、オールスター12回選出など、素晴らしい記録を持っている。

 ウェークフィールドは、現役投手最多の通算200勝を達成。MLBでは108人目の快挙。レッドソックスで、通算200勝(他球団での勝利も含む)を達成したのは、カート・シリング以来で、過去に、レフティー・グローブ、ファーガソン・ジェンキンス、ルイス・ティアントが達成している。
 ウェークフィールドは、レッドソックスで17シーズンを迎えており、在籍シーズンでは、チーム史上4位のランクされる。

 バーランダーは、7回を無失点の好投で、今季23勝目(5敗)。リーグ断トツの首位の勝利数。11試合連続先発勝利は、ハル・ニューハウザーと以来のチームタイ記録の快挙。連勝記録(勝敗の付かない試合を含める)、リンウッド・ローの16連勝がチーム記録。
 シーズン23勝は、MLBでは、2002年のバリー・ジト以来の快挙。
 同一シーズンに23勝以上、ノーヒットゲームの達成は、1965年のサンデー・コーファックス以来の快挙。
 チームも11連勝で、1968年以来の快挙で、チーム史上4位タイの記録となった。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/609-a952afc5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。