スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011ナリーグ決定戦_ブリュワーズ対カージナルス 

 2011年10月8日。(MLB)。
 
 2011ナリーグチャンピオンシップ(決定戦)は、ミルウォーキー・ブリュワーズ対セントルイス・カージナルスとなった。中地区同士の対決となった。打者にスターのいるチーム同士の対決。

 ブリュワーズは、ナリーグチャンピオンシップ(決定戦)は初出場。過去、リーグ制覇1回、地区優勝2回、ワイルドカード1回。(ただし、1997年まではアリーグ所属。リーグ制覇1回は、アリーグ制覇であり、ナリーグでのリーグ制覇はない。)。
 カージナルスは、5年前にナリーグ制覇している。過去、ワールドシリーズ制覇10回、リーグ制覇17回、地区優勝10回、ワイルドカード2回。

 今季の両チームのレギュラーシーズンの対戦成績は、9勝9敗。どちらが勝っても不思議ではない。

 ブリュワーズは、ライアン・ブラウン、プリンス・フィルダーの打撃に注目。カージナルスは、アルバート・プホルス、ランス・バークマン、マット・ホリデーの打撃に注目。

 ブリュワーズが勝てば、ナリーグでの初制覇で、両リーグからワールドシリーズ出場の快挙となる。

 カージナルスは、2006年にワールドシリーズ制覇。このときは、デトロイト・タイガースに勝っているが、そのときの再現の可能性が出てきた。

 マギーが1試合3本塁打_今季チーム2人目
 プホルスが金字塔に接近_速報

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/614-0250adec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。