スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カージナルスがワールドシリーズ11度目の制覇 

 2011年10月28日。(MLB)。
 
 2011ワールドシリーズは、セントルイス・カージナルス(ナリーグ覇者)がテキサス・レンジャーズ(アリーグ覇者)に4勝3敗で勝利し、11度目のワールドシリーズ制覇(MLB史上2位、ナリーグではトップ)。ワールドシリーズでは強い伝統を守った感じがする。

 MVPは、デービッド・フリース三塁手。史上15人目のワールドシリーズサヨナラ弾を放っている。今季3年目、実質2年目の選手。レギュラーシーズンでは、怪我で規定打席には達していないが、充分に中軸を打てる選手。今季は、ナ・リーグ優勝決定シリーズでもMVPに輝いた逸材。

 カージナルスは、2006年にも制覇しており、5年ぶりのシリーズ制覇。5年前は、デービッド・エクスタインがMVPに輝いた。このときは、リードオフマンとしてチームをリードした。

 第6戦では、両軍で42人がプレイする、シリーズMLB史上2位の最多記録を更新。ゲームも白熱した一戦となった。この日の第7戦が行われるのは、9年ぶりとなった。(4勝3敗で勝敗が決するのは9年ぶり)。

 レンジャーズは、2年連続のワールドシリーズ敗退。これは、1969年の地区分割以降では、ロサンゼルス・ドジャース、アトランタ・ブレーブスに次いで3チーム目。

 来季も、この2チームが優勝候補にあがるのは、間違いないと思われる。

 2011ワールドシリーズ_レンジャーズ対カージナルス

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/617-47b5cb3c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。