スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24期女流名人戦挑戦者決定リーグ戦_終盤で大詰め 

 2011年11月14日。(囲碁)
 
 第24期女流名人戦挑戦者決定リーグ戦は、11月17日の吉田美香八段対向井千瑛四段の結果次第では、挑戦者が決定してしまう可能性もある。

 向井千瑛四段が吉田美香八段に勝利した場合、向井四段は4勝となり、吉田八段は3勝2敗となり、向井四段は残り試合に全て負けても、4勝2敗。他の棋士は、4勝2敗になれる可能性があるが、序列順で、向井四段が挑戦者決定リーグ戦首位で、挑戦権を獲得することになる。

 鈴木歩六段は、向井四段に勝てなかったこと、万波奈穂二段に負けたのが大きい。残り全勝で、なんとか4勝2敗として、最後まで待ちたいところか。

 吉田八段は、向井四段に勝利して、残りの試合で勝って、待ちたいところ。

 向井四段が優勢であるには違いない。鈴木歩六段、吉田八段は、向井四段の取りこぼしを待つ形になる。

 産経新聞社主催のこの大会、謝依旻女流名人は、過去最多の4連覇の記録を継続中。青木喜久代八段の女流名人位5期が最多であり、謝依旻女流名人が今期も勝つと、在籍期数でも並んでしまう。


 グラン・ジュテ_桝由美_囲碁雑誌の新しい旋風

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/621-bf448040

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。