スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトロイト・タイガースの球団史 

 デトロイト・タイガースといえば、球聖、タイ・カップが球団の顔。9年連続を含め12回の首位打者。昨季は、アリーグを制覇。
 1907年からリーグ3連覇。カップが中心、この3年間は首位打者、100打点以上をあげる活躍。ビリー・ドノバン、エド・キリアン、ジョージ・ミュリンが20勝をあげ貢献。
 1920年代は、カップ、ハリー・ヘイルマンが活躍。ヘイルマンは、4度の首位打者、4割も記録。
 1934年から連覇。ハンク・グリーンバーグ、チャーリー・ゲリンジャー、グース・ゴスリン、ミッキー・カクレーンの打撃陣、カクレーンがMVP。グリーンバーグは1938年に58本塁打、1937年にアリーグ史上2位183打点をあげる、1935年はMVP。
 1937年、ゲリンジャーが打率.371で首位打者。
 1945年の制覇は、ハロルド・ニューハウザーの力投。ニューハウザーは、44年29勝、45年25勝、46年26勝で、3年連続最多勝、44年、45年はMVP。
 1955年、アル・ケーラインが打率.340で首位打者。
 1961年、ノーム・キャッシュが打率.361で首位打者。実質2年での快挙。
 1968年の制覇は、デニス・マクレーンの31勝、キャッシュ、ケーラインの打撃陣。投手有利の時代。マクレーンは、1968年、1969年、2年連続サイヤング賞、1968年は、MVPも。
 1970年前半、ミッキー・ロリッチ、ジョー・コールマンの20勝コンビで、地区優勝。ロリッチは1971年、奪三振308で奪三振王。
 1976年、新人マーク・フィドリッチが19勝9敗、防御率2.36の大活躍。サイヤング賞投票で2位。
 1978年、ロン・ルフロアが盗塁王。
 1984年の制覇は、最初の30試合で26勝4敗の史上最速のペースで白星を重ね、ワイアー・トウ・ワイアー(首位を一度も譲らず独走優勝)、タイガリフィックという造語も出現。投手は、ジャック・モリス、ウイリー・ヘルナンデス、打は、カーク・ギブソン、アラン・トランメル、ルー・ウイッテカーなど。ヘルナンデスはサイヤング賞、MVPに。
 1990年、1991年、元阪神のセシル・フィルダーが本塁打王、1990年から3年連続打点王。
 2006年の制覇は、ジャステイン・バーランダー、ケニー・ロジャースの投手陣に、マグリオ・オルドネス、カルロス・ギーエンなど。ワイルドカードからリーグ制覇。
 2007年も、首位争いをしている。常勝チームになりつつある。若いメンバーが魅力。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/73-5959164d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。