スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井稼が満塁弾猛打賞_ロッキーズ球団史 

 DSシリーズ第2戦、コロラド・ロッキーズの松井稼頭央内野手が、フィラデルフィア・フィリーズ戦で大活躍。二塁打、満塁本塁打、三塁打で5打数3安打5打点2得点。4回の満塁弾は、決勝弾となる。「打った瞬間、入ると思った。」と、本人の言葉。
 昨日は、まったくいいところがなった松井。今日は、塁に出れば、あとは、クリーンアップが打ってくれる、自分は、塁をかき回すこと、そんな思いだったのだろう。
 今季は、104試合で84得点と、リードオフマンとして立派な成績。打率も.288で、32盗塁。なにか、ロッキーズのチームカラーに合いますね。打撃チームの中の松井は、ぴったり来ますね。
 これで、ロッキーズは、2連勝。あと1勝で、初のナリーグチャンピオンシップに進出する。

 ロッキーズは、1993年に創設。打撃チームですね。
 1993年、観客動員数448万人。MLBレコードを更新。アンドレス・ガララーガが打率.370で首位打者。
 1995年、77勝67敗。ワイルドカードでプレイオフ。DSシリーズでアトランタ・ブレーブスに敗れる。ダンテ・ビシェットが40本塁打128打点で本塁打打点の二冠王。
 1996年、アンドレス・ガララーガが47本塁打150打点で本塁打打点の二冠王。アンドレス・ガララーガ、エリス・バークス、ビニー・キャスティーヤの3人が40本塁打以上。MLB史上2度目。
 1997年、ラリー・ウォーカーが49本塁打で本塁打王。アンドレス・ガララーガが140打点で打点王。ラリー・ウォーカー、アンドレス・ガララーガ、ビニー・キャスティーヤの3人が40本塁打以上。MLB史上3度目。
 1998年、ラリー・ウォーカーが打率.363で首位打者。
 1999年、ラリー・ウォーカーが打率.379で首位打者。
 2000年、トッド・ヘルトンが打率.372、147打点で首位打者打点の二冠。
 2001年、ラリー・ウォーカーが打率.350で首位打者。
 2003年、プレストン・ウィルソンが141打点で打点王。
 2004年、ビニー・キャスティーヤが131打点で打点王。
 2007年、90勝73敗。ワイルドカードでプレイオフ。マット・ホリデーが打率.340、137打点で首位打者打点の二冠王。

スポンサーサイト

Comments

ロッキーズ球団史

 こんにちは。Rockiesの観客動員数はすごい記録ですね。
 改めて見ると、打撃のタイトルホルダーが多いです。たしかに、ずば抜けた得点能力、でも、投手陣が、あまり良くなかったですね。

Re:ロッキーズ球団史

 コメントありがとうございます。ロッキーズは、ずっと打撃チームで来たので、魅力を感じています。確かに、投手力があったら、もっと強かったかも。でも、以前は、飛ぶ球場、打撃優位の球場といわれました。今は、違うようですが。
 例の件はよろしくお願いします。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/95-d9b88b5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。