スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS_ロッキーズ連勝_1976年以来の大記録 

 ナリーグのリーグ決定戦は、コロラド・ロッキーズがアリゾナ・ダイヤモンドバックスに連勝。あと2勝に迫った。
 ロッキーズは、投手陣の健闘も光りますね。ジェフ・フランシス、ユバルド・ヒメネスの先発陣の好投、リリーフ陣の頑張りも凄いです。
 打線は、そう、ウィリー・タベラスが復帰して、松井稼頭央内野手との1、2番コンビは最高ですね。とくに、松井稼頭央内野手の活躍は大きい。相手に、相当マークされて、接触も多い。今日の9回のプレー以外は、大活躍。
 そして、2番を打っていたパワーのある新人トロイ・トゥロウィッキーが中軸に。これで、打線の切れ目がなくなった。二冠王のマット・ホリデー、至宝トッド・ヘルトン、ギャレット・アトキンズのクリーンアップに、トゥロウィッキー、ブラッド・ホープの6、7番も強力。
 一気にホームで、あと2勝して、初のナリーグチャンピオンになってほしい。
 そして、最近20試合で19勝の驚異的なペース。
 さて、ポストシーズンで、開始から5連勝となったロッキーズ。この開始から5連勝は、ナリーグのチームでは、1976年のシンシナティ・レッズ以来の記録。当時は、フィラデルフィア・フィリーズに3連勝、そして、ワールドシリーズで、ニューヨーク・ヤンキースに4連勝で、開始から7連勝で、負けなしワールドシリーズ制覇のナリーグ記録に次ぐ記録。あの、ビッグ・レッド・マシンのシンシナティ・レッズの黄金時代に並びました。凄いです。
 うん、このまま、11連勝で、ワールドシリーズ制覇なんてことにもなりそう。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/97-1e67fa67

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。