スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒートが2度目のファイナル制覇 

 2012年6月22日。NBA2011-12。

 イーストの覇者マイアミ・ヒートが、ファイナル第5戦を121対106で勝利して、ウエストの覇者オクラホマシテー・サンダーを4勝1敗で破って、2005-06年以来の2度目のファイナル制覇。ファイナルMVPは、レブロン・ジェームスが獲得、第5戦はトリプルダブルの活躍。

 この試合、ヒートは、序盤からリードを広げて、4Qの終盤は、主力がベンチに温存する形となった。マイク・ミラーのスリーポントの炸裂、ビック3のドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュの活躍、キングこと”レブロン・ジェームス”の好守、得点、パス、ディフェンスに関してオールラウンドに活躍。

 ドウェイン・ウェイドは、2005-06年に、シャキール・オニールとともに、ファイナル制覇に貢献。今回で2度目のファイナル制覇。レブロン・ジェームスは、ファイナル3度目の出場で初の制覇となった。今季のレブロン・ジェームスは、1人でゲームの流れを変える力に、パスを生かした戦いをも展開し、チームをファイナル制覇に導いた。レブロン・ジェームスは、9シーズン目で、ファイナル制覇の感動を味わった。ちなみに、マイケル・ジョーダンは、7シーズン目に、ファイナルを初制覇している。

 今季のオクラホマシテー・サンダーは、敗れはしたが、チームの躍進は素晴らしかった。プレイオフでは、ウエストの強豪を撃破。ダラス・マーベリックス、ロスアンゼルス・レイカース、サンアントニオ・スパーズに勝利してのウエストの王者に。今後も、しばらく、強豪チームとして、君臨しそう。

 今季のプレイオフでは、昨季の覇者ダラス・マーベリックスがサンダーとの戦いで善戦したが、勝てなかった。レギュラーシーズンの順位が悪く、ホームアドバンテージがなかったのも、原因かもしれない。
 イーストのシード1位のシカゴ・ブルズは、エースのデレック・ローズを怪我で失ったのが痛かった。イーストの決勝で、ヒートとの決戦が見たかった気もする。来季は、この2チームのイースト決勝を見たいものである。

 来季も、楽しみなNBAを期待したいところである。ファイナル制覇の可能性のあるチームは、たくさんある。実力伯仲のゲームを期待したいところである。 
 
 関連記事
 米国バスケットボール_ロンドン五輪メンバー候補

M・ケインが歴代22人目のパーフェクトゲーム_好記録 

 2012年6月13日。MLB2012。

 サンフランシスコ・ジャイアンツのマット・ケイン(ケーン)投手が、今季、2人目、MLB史上22人目の完全試合を達成した。14奪三振という、素晴らしい奪三振。

 今季は、シカゴ・ホワイトソックスのフィリップ・ハンバーがパーフェクトゲームを達成。

 チームとしては、初の快挙。(過去に、ノーヒットゲームは何度かある。ケインの記録で、ノーヒッターは14回目、サンフランシスコに移転してからは6回目。)。チームで、過去にノーヒッター達成した投手は、クリステー・マーシュソン、ファン・マリシャル、ゲイロード・ペリーと、素晴らしい投手が、思い浮かぶ。

 味方に10得点を獲ってもらったが、過去のパーフェクトゲームでは、歴代の最多得点となる。(過去は、6得点が最多。)

 1試合14奪三振は、過去のパーフェクトゲームでも歴代最多タイ。ドジャーズのサンデー・コーファックスの記録と並んだ。

 ジャイアンツのポストシーズン進出の弾みになるかもしれない、素晴らしい快挙。
 
 関連記事
 ハンバーが史上21人目のパーフェクトゲーム

明日はNBAとNHLで大一番、それとも他のスポーツ 

 2012年6月9日。NBA2011-12、NHL2011-12、MLB2012。バレーボール。

 NBAは、カンファレス決勝の最終戦。マイアミ・ヒート対ボストン・セルティックス。勝ったチームが、NBAファイナルに進める大一番。新旧のビック3の対決となったシリーズ。どっちが勝つだろうか。レブロン・ジェームズなどのスターが対決。

 NHLは、スタンレーカップ。ロサンゼルス・キングが勝てば、今季のNHLの全米NO1となる大事な試合。相手は、ニュージャージ・デビルズ。その瞬間が来るかもしれない。

 MLBのインターリーグで、好試合が見られそうな気がする。

 日本では、バレーボール、ロンドン五輪最終予選の最終日。勝てば、五輪に出場できるチャンスも残されている。

 どれを見ようか、ちょっと、考える日ですね。


 関連記事
 ハンバーが史上21人目のパーフェクトゲーム

ハミルトンが本塁打と打点でハイペース 

 2012年5月11日。(MLB)

 テキサス・レンジャーズのジョシュ・ハミルトンが、打撃絶好調。ここまで、33試合で、打率.407、17本塁打、40打点のハイペース。

 打率.400超えも素晴らしい。

 本塁打17本は、33試合時点では、史上最速ペース。過去のサイ・ウイリアムズ、フランク・ハワードと並んでいる。

 40打点も素晴らしいペース。1試合1打点以上のペースである。このままのペースでいくと、シーズン196打点となるが。MLB記録は、1930年のハック・ウイルソンの191打点が最高。(マイナーリーグでは、222打点が最高と思われるが。)。160打点超えとなれば、あの、サミー・ソーサ、マニー・ラミレスなど以来となるのであるが。


 ハンバーが史上21人目のパーフェクトゲーム

ウィーバーがノーヒッター_今季2人目 

 2012年5月2日。(MLB)

 MLBでノーヒッターが達成された。ロサンゼルス・エンゼルスのジェレド・ウィーバーがノーヒットノーランを達成。シカゴ・ホワイトソックスのフィリップ・ハンバーがパーフェクトゲームを達成しているので、今季、MLBでは、2人目。

 チームとしては、通算10回目の達成。ノーラン・ライアンなどが達成している。

 ライアンは、エンゼルスで4回達成。通算では7回でMLB記録保持者。1973年に2回、74年、75年、各1回。この頃が、火の玉投手と言われたころで、最速球を投げたころかと思われる。この記録も金字塔に近い。(他、ヒューストン・アストロズ、テキサス・レンジャーズで達成)

 ジョニー・ヴァンダー・ミーアが2試合連続でノーヒットノーランを達成している。これも、金字塔に近い大記録。(シンシナテイ・レッズ時代)

 ウィーバーは、今は、もっとも、脂の乗りきった頃の投手。アリーグを屈指の投手になっている。デビューした年が、11勝2敗という、素晴らしい成績の投手。

 今後も期待。

 エンゼルスは、伝統的に、投手力のチームというイメージがある。多くの名投手がいる。



 ハンバーが史上21人目のパーフェクトゲーム

ハンバーが史上21人目のパーフェクトゲーム 

 2012年4月21日。(MLB)

 MLBで大記録が達成された。

 シカゴ・ホワイトソックスのフィリップ・ハンバーがパーフェクトゲームを達成。2010年のロイ・ハラデー以来の達成。最近では、ダラス・ブレイデン、マーク・バーリー、ランディ・ジョンソンなどが達成している。

 近代野球以前を合わせて、ワールドシリーズも含めて、21人目の達成。ワールドシリーズでは、ドン・ラーセンが達成。

 チームでは、チャーリー・ロバートソン、マーク・バーリーに次ぐ3人目。

 ハンバーは、完全試合を達成する前のキャリア勝数は11勝で、MLB史上2位の最少勝利記録。1位は、チャーリー・ロバートソンの完全試合を達成する前キャリア勝数が1勝が最少。

 ハンバーは、完全試合を達成する前のキャリア通算先発数は29試合で、これも、史上3位の最少記録。チャーリー・ロバートソンの完全試合を達成する前のキャリア通算先発数4試合、リー・リッチモンドの完全試合を達成する前のキャリア通算先発数21試合となっている。

 ハラディーが完全試合_近代野球同一シーズン同一月に2度は初

Dウィリアムズが1試合得点のチーム記録を更新_NBA 

 2012年3月4日。(NBA)

 NBAで、ニュージャージー・ネッツのデロン・ウィリアムズが1試合で57得点を記録、チーム記録を更新した。

 この試合で、チームの他の選手の合計が47得点となるので、いかに、デロン・ウィリアムズが得点したのか、わかる。フリースローのショットも全て成功している。

 チームの過去の記録は、マイク・ニューリンとレイ・ウィリアムズの52得点が最高。この記録を5点上回った。

 相手チームのシャーロット・ボブキャッツは、コービー・ブライアントの58得点を許した試合以来の最多失点選手で、デロン・ウィリアムズは、2位となった。

 他にも、この日は、ボストン・セルティックスのレイジョン・ロンドがトリプルダブルを達成。18得点、20アシスト、17リバウンドと、3部門で17以上という、NBAでも、あまり例のない記録で達成している。

 米国バスケットボール_ロンドン五輪メンバー候補

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。